武蔵小杉 新丸子 耳鼻科 はりまや耳鼻咽喉科 お子さまの治療

top

お子さまの治療

初診の方の予約はこちら

お子さまの治療について

お子さまは発育途上のため器官が大人と異なる形状になっており、同じ病気であっても症状の程度や期間が異なり、適した治療法も変わります。
抵抗力が弱く病気を繰り返すことも多いため、患部の治療と合わせ、専門医による丁寧な清掃が重要です。
耳鼻咽喉科領域における、お子さまの病気で多いものには、中耳炎、扁桃炎、副鼻腔炎(ちくのう症)などが挙げられます。

当院では耳鼻咽喉科専門医による適切で優しい診療を心がけ、お子さまも安心して通いやすいクリニックを目指しています。
どうそお気軽にご相談下さい。

お子様のこんな症状に気づかれたらご相談下さい

聞こえが悪い、最近テレビの音が大きい、よく聞き返す、耳あかが多い、耳を痛がる、耳をよくさわる、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、鼻声になっている、よく鼻血を出す、のどを痛がる、咳、痰、扁桃腺が大きい など

中耳炎

耳の構造は、大きく「外耳」「中耳」「内耳」に分かれますが、この「中耳」の部分に細菌やウイルスなどが感染して炎症が起きたり、液体がたまる病気が中耳炎です。耳の痛みや発熱、難聴などが起こります。

とくに赤ちゃんや子供に起こりやすく、5~6歳までに8割程度がかかるともいわれます。
耳の痛みはひどく痛むこともあれば、たまに痛む程度のこともあります。

子供ならだいたい2~3日でおさまりますが、赤ちゃんや子供は、言葉で痛みを表すことができないので、耳によく手をやったり、耳に触られるのを嫌がったりすることがあります。
このような症状のサインを見逃さないようにしましょう。

扁桃炎

扁桃炎は、ウイルスや細菌によって起こる扁桃腺の病気で、小さなお子さまに多く見られます。
扁桃腺は口蓋垂(のどちんこ)の両側にあるリンパのコブのことを指し、この部分は口蓋扁桃と呼ばれています。

疲れがたまったり、風邪をひいて体力が落ちているときなど、病原体に対して免疫力が不十分な場合、病原菌やウイルスが増えていくことがあります。
この際、のどの免疫器官の口蓋扁桃が病原体とたたかって赤くはれている状態が急性扁桃炎になります。

副鼻腔炎(ちくのう症)

副鼻腔炎は、細菌やウイルスが感染することなどによって炎症が起こり、鼻づまりや鼻水、頭痛、歯の痛みなど、さまざまな症状が起こる病気です。

お子さまの副鼻腔はまだ小さいですが、鼻炎が長引いているときは、すでに副鼻腔炎を合併していると考えられます。その場合、鼻づまりのために口呼吸が多くなったり、集中力にかけ、注意力散漫になったり、イライラしやすいといった症状も出てきます。

また、中耳炎などの他の病気を引き起こすことにもつながりますので、お早めに当院までご相談ください。

  • オムツ交換用ベッド

  • キッズコーナー

  • チャイルドシート

診療内容
  • お子さまの治療
  • 耳・めまいの症状
  • 鼻の症状
  • 口・のどの症状
  • 花粉症・アレルギー性鼻炎について
  • 初診の方の予約はこちら 初診の方で診察の事前申込をご希望される方はこちら
  • 武蔵小杉駅前メディカルプラザ
  • 医療連携
  • モバイルサイト QRコードで簡単アクセス
  • 患者の気持ち 詳しくこちら
PAGE TOP