武蔵小杉 新丸子 耳鼻科 はりまや耳鼻咽喉科 口・のどの症状

top

口・のどの症状

初診の方の予約はこちら

こんな症状の方はご相談下さい

かぜ症状、のどの違和感、異物感、痛い、声がかすれる、息が苦しい、何かできている、口内炎ができる、口やのどが乾燥しやすい、咳、痰、家族に咽頭がんや喉頭がんがいるので一度みてもらいたい など

のどの違和感・異物感

のどに違和感や異物感がある場合には、咽頭や喉頭、食道に何らかのできものや炎症が起こっていることが考えられます。

また、咽頭癌や食道癌などでも、のどにものが引っかかっているような違和感があります。
逆流性食道炎など消化管の疾患がのどの症状から見つかることもあります。
検査をしても特に異常がないのに、のどに何か引っかかっているように感じる場合は、咽喉頭異常感症が考えられます。

甲状腺やリンパ節など首の器官が腫れたときに、この症状がはじめて出ることもありますので、早めの受診をおすすめします。

のどが痛い

のどの痛みがある場合は、のどのどこが痛むのか、何もしていなくても痛むのか、あるいはものを飲み込んだ時に痛むのかといったことについて調べていきます。

のどの痛みのほとんどは、咽頭炎や扁桃炎によって起こります。それ以外では、耳の下のリンパ腺の腫れによる痛みがあります。
この場合は、耳の痛みと感じることもよくあります。そのほか、急性喉頭炎でものどの痛みが起こります。

声がかすれる

カラオケなどで大きな声を出しすぎた時に、一時的に声がかすれるのは炎症を起こしている可能性があります。

そのほかにもポリープや結節といった「できもの」で声がかれたり、声をだす声帯そのものが変化して起こる声かれもあります。
声帯を動かす神経が麻痺をしている場合や、喉頭癌が最も注意しなければならない疾患です。
いずれも診察を受ければすぐに結果が判ることが多いため、受診が勧められます。

口内炎

口内炎は、口の中の粘膜に起こる炎症の総称です。
さまざまな原因で起こり、口の中の粘膜であれば頬の内側や唇の内側、歯ぐき、舌というようにどの部分にでもできます。

口内炎ができると、極端に熱いもの、冷たいものがしみたり、食べ物が接触しただけでも痛みが強まり、とても食事をとることができない状態になることがあります。

全身疾患のひとつの症状として起こることもありますので、口の中のどこにできているか、多発していないか、繰り返していないか、治りにくくないか、などを総合的に診察して判断してもらう必要があります。

のどが乾燥しやすい

乾燥感とは、「いがらっぽい」とか「のどが乾きやすい」と感じる症状です。のどがいがらっぽくなるのは、大体が炎症によるものですが、鼻の疾患が原因で起こることもあります。
のどが乾きやすいという場合は、唾液の分泌が低下するシェーグレン症候群や糖尿病の疑いもあります。

診療内容
  • お子さまの治療
  • 耳・めまいの症状
  • 鼻の症状
  • 口・のどの症状
  • 花粉症・アレルギー性鼻炎について
  • 初診の方の予約はこちら 初診の方で診察の事前申込をご希望される方はこちら
  • 武蔵小杉駅前メディカルプラザ
  • 医療連携
  • モバイルサイト QRコードで簡単アクセス
  • 患者の気持ち 詳しくこちら
PAGE TOP