武蔵小杉 新丸子 耳鼻科 はりまや耳鼻咽喉科 鼻づまり 鼻血

top

鼻の症状

初診の方の予約はこちら

こんな症状の方はご相談下さい

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、花粉症、鼻血、においがわからない、痛い、かゆい、ムズムズする、何かできている、鼻水がのどに落ちてくる など

鼻づまり

鼻づまりは、鼻の中の通気性が低下して鼻呼吸が十分に行えなくなる状態です。
その原因としては、急性鼻炎や慢性鼻炎、アレルギー性鼻炎などがあります。

これらの病気は鼻粘膜に炎症が起き腫脹するため、空気の通りが妨げられます。
慢性副鼻腔炎のように、鼻汁の分泌が多い場合にも空気の通りが塞がれるため、鼻詰まりが起こります。
同様に、鼻かぜを引いて鼻汁が多く出る場合にも、鼻づまりが起こりやすくなります。

また、鼻の構造的な問題で起こる鼻づまりとして鼻中隔弯曲症があります。
原鼻腔は薄い軟骨と骨でできた鼻中隔で左右に分けられていますが、この鼻中隔が変形して鼻づまりを起こすというものです。
なお、高齢者が鼻づまりを訴える時には、常に鼻・副鼻腔・上咽頭の悪性腫瘍を考える必要があります。

鼻血

鼻血(鼻出血)の代表的な原因が、鼻の打撲や外傷です。

また、鼻汁が多い時に強くかんでも、出血することがあります。
一般に、鼻血は、鼻の入り口の毛細血管が切れて起こりますが、これは、鼻の入り口には毛細血管が多いうえ、粘膜のすぐ下に血管があって浮き出た形になっているためです。

したがって、ささいな刺激が加わっただけでも血管が切れやすいのです。
鼻からの出血で最も注意を要するのが、良性や悪性の腫瘍が潜んでいる場合です。
鼻出血が何度も繰り返したり、鼻汁に血が頻繁に混じっている時は要注意です。

鼻が痛い

鼻におできができたり、鼻に湿疹ができると、痛みが起こります。
おできは、小鼻、鼻の先、鼻の入り口などにできますが、湿疹は、ほとんどが鼻の入り口に発生します。

鼻を頻繁にかんだり、鼻毛を抜いたり、鼻をいじったりすると、おできや湿疹ができやすいので注意が必要です。

鼻水がのどに落ちてくる

「後鼻漏」と呼ばれるもので、風邪やアレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎、蓄膿症の症状のひとつとして起こります。
一般に、慢性副鼻腔炎では、黄色っぽい鼻汁が多いのですが、粘性のこともあります。
のどに流れた鼻汁が、長引く咳や痰の症状になることもあります。

診療内容
  • お子さまの治療
  • 耳・めまいの症状
  • 鼻の症状
  • 口・のどの症状
  • 花粉症・アレルギー性鼻炎について
  • 初診の方の予約はこちら 初診の方で診察の事前申込をご希望される方はこちら
  • 武蔵小杉駅前メディカルプラザ
  • 医療連携
  • モバイルサイト QRコードで簡単アクセス
  • 患者の気持ち 詳しくこちら
PAGE TOP